金型

板鍛造金型
板鍛造とは...
プレス加工に一般的に使用される材料及びプレス機を使用し、部分的に板の厚みを増減させる技術です。
今まで鍛造や切削で製作していた部品をプレス化することにより大幅なコストダウンが可能です。
*成形できる形状等には一部制限があります。

成形イメージ 動画

右側の壁の厚みを増やしていま す...
製作実績
カップ状の円筒壁部を増肉する例では、最大元板厚の2.5倍まで増肉した実績があります。

順送金型
        
鋼材を巻き取ったコイルと呼ばれる素材を解きほぐしながら一定量金型の内部に送り込み,ひと型で複数の工程を順番に成形する金型です。
非常に高速な加工ができ、大量生産に向いています。
*成形できる形状に制限があります。

加工イメージ
ProgressivePress
ProgLyout

製作実績

今までに製作した中での最大級品
サイズ
L4000mm * W1800mm * DH850mm
重量
13ton
プレス荷重
1200ton
工程数
20工程
SPM
200
材質
SPFC980
板厚
t9.0mm

トランスファー金型
        
工程毎の金型を並べ、金型間のワークの搬送を自動化した金型です。
トランスファープレスと呼ばれるプレスに搬送装置が付属されたプレスに取り付けるタイプや、ひとつのプレスに一型装着(これで一工程)しこの工程間を外付けの搬送装置でワークを搬送するタイプがあります。(ロボットライン、ラインペーサーと呼ぶ場合もあります)

加工イメージ
TFLayout
製作実績    自動車オートマチックトランスミッション用トルクコンバーター部品: 3600ton 6工程
    自動車シートフレーム用部品: 2000ton 6工程
    自動車車体部品: 2000ton 6工程
    等

タンデム金型
        
工程毎の金型を並べ、金型間のワーク搬送を手作業で行う金型です。
ラインの配置や金型設計に柔軟性がある一方、人件費が高い地域ではコストアップになります。(単発型と呼ぶ場合もありま す)


サンプル
今までに当社の金型・試作で製造された製品の例
トランスミッション部品
PistonPulley IMP
CoverConv
CoverClutch
Drum
TURB
Dumper

シート部品
Seat1
Seat2
Seat3

モール部品
Moulding1
Moulding2
サンルーフ部品
SunroofM
SunroofR


車体部品
Suspension1
Suspension2
ドア部品
Door1
Door2
ブレーキ部品
Brake